17-18 取り扱いブランド – DAKINE –

こんにちは
Goです

17-18シーズンよりWMでDAKINEを
取り扱う事になりました。

20170821_1

「DAKINE」(ダカイン)

グローブやバックパック等、
スノーボードのアクセサリー類も多く手掛ける
誰もが知るブランド

ブランドの発祥はハワイ・マウイ島
サーフィンのリーシュの生産を
スタートさせたのがDAKINEの始まり
現在はアメリカ・オレゴン州に工場を持ち、
スノーボードはもちろん、サーフィン、ウィンドサーフィン、
スケートボード、バイクのライダー達から
圧倒的な支持を得ているアクセサリー関連のトップブランド

 

防水性、透湿性、耐久性に優れた
GORE-TEXグローブをはじめ、
高品質なレザーグローブからリーズナブルな
エントリーモデルまで充実のラインナップ

また、山に持っていけるバックパック、
タウンユース、トラベルバッグなど
年間を通して活躍する様々なバッグ類も魅力。

また入荷次第、
紹介していきたいと思います

Go

<10月-3月 冬季営業時間>
12:00~20:00

17-18モデル ELECTRIC ゴーグル – MASHER, CHARGER XL –

こんにちは

17-18モデルの最新情報
本日は人気の「ELECTRIC」ゴーグルを紹介

20170811_0

 

新たにリリースされるNEWモデル
「MASHER」
定価 23,000円(税抜)

20170811_1

最高の視界と快適さを求めて作られた
「OTG」(Over The Glasses compatible)と呼ばれる
メガネ対応ゴーグル

メガネ対応と聞いて
関係ないと思われる方も多いですが、
実はメガネユーザー以外の方にも
メリットがたくさんあります

その①
「視界が広い」

今までの球面レンズモデルよりも
フレーム自体のカーブをゆるく設定。
画像のように、ビッグフレームの代名詞である
EG2と比較しても、ゴーグル内の横幅が広くなる為、
視界にフレームが入りづらくなり
視界が広がります

20170811_2
上:EG2
下:MASHER

 

その②
「フィット感の向上」

今までのゴーグルよりもフレームのカーブがゆるく、
柔軟性に優れたポリウレタンフレームによって
フェイスラインにぴったりフィット

20170811_3

このフレームの柔軟性によって、
今まで色々なゴーグルでフィット感に
悩まされていた方も解決するはずです

 

その③
「曇りにくい」

メガネユーザーの中には、
ゴーグル自体のレンズが曇らなくても
中のメガネのレンズが曇ってしまうという
悩みを抱えている方も多くいます
この点を解消するために
通常のゴーグル上部のベンチレーションに加えて、
フレーム内に空気を送り込むためのベンチレーションを追加

20170811_4

滑り出せば中のメガネのくもりが解消する仕組み
これにより、ゴーグル自体のレンズも曇りにくくなってます

このようにメリットたくさんの
NEWモデル「MASHER」
価格も球面レンズの定番モデル「EG2」と同じ設定
オススメです

 

そして、NEWモデルがもう一つ
「CHARGER XL」
定価 15,000円(税抜)

20170811_5

こちらは昨年登場して人気の高かった
「CHARGER」を一回り大きくしてリリース

特徴はCHARGERと同じく、
フレーム上部のスポンジがフレームで
覆われている為、雪や水滴が付きにくく、
フレーム内への水分の侵入を防いでくれること

20170811_6

これにより、降雪時やパウダーランでも
曇りにくい構造となっています

それでいて、定価 15,000円という
リーズナブルな価格設定

クラシックなスタイルの平面レンズを好む方には
是非とも使って頂きたいモデルです

その他も最軽量の「ELECTROLITE」
フレームレスの「EG3」「EGX」
定番の[EG2」「EGV」
と盛りだくさん

レンズテクノロジー等についても
また別途ご紹介したいと思います

20170811_7

Go

<4月-9月 夏季営業時間>
13:00~19:00

17-18モデル Dinosaurs Will Die – MAET –

こんにちは。
Goです

最新モデル ピックアップ
「Dinosaurs Will Die」

20170805_1

Airblasterとの関連性も深く、
そのスタイル故、クリエイティブなライダー達に好まれ、
乗りやすく遊びやすい板を
多くラインナップするブランド

クオリティの高い乗りやすい板は
ライダー達の評価も高い

それもそのはず、板は全て
CAPiTAを生産する「マザーシップ」工場で
作られています

本日はパーク等で調子良く遊べる
ソフトフレックスのキャンバーボード
人気の「MAET」を紹介

20170805_2

モデルの「MAET」を逆さにするとTEAM(チーム)。
その名の通り、チームライダーもお気に入りのパークボード

やや低めのローライダーキャンバーはしなやかで、
乗りやすさ、居心地のよさと新鮮さを実現。
パークやグラトリでの取り回しの良さは抜群で、
軽量で扱いやすく、完成度の高い一本に仕上がってます

グラフィックカラーは、
148,152と155,158の2通り

中・上級者が遊べるボードとしてだけでなく、
初心者の方にも抜群に扱いやすくオススメです

コチラからも予約可能
「MAET」
定価 69,000円(税抜)

20170805_3

Go

17-18モデル ROME SDS – NATIONAL, MARSHAL –

本日は、人気のROME SDSのNEWモデル
NATIONALとMARSHALをご紹介

「NATIONAL」
定価 76,000円(税抜)

20170801_1

今までROMEの看板モデルだった
「AGENT」をベースにパワーアップ

最新のキャンバー形状の「FUSION CAMBER」は、
ランニング・レングスの大半がポジティブなキャンバーで、
ノーズ、テールの直前が少しだけロッカーとなる形状

20170801_3

フィーリングはキャンバーそのままでありながら、
僅かなロッカーがスムーズな感覚と、
パウダーでの浮力を与えてくれます

NATIONALは、パワー、レスポンス性能に優れた
どんなライディングにも対応する
新しいオールマウンテンボード
フリーランもパークもパウダーも
一本で何でもやりたい欲張りなライダーにはピッタリ

 

「MARSHAL」
定価 76,000円(税抜)

20170801_2

すべてを全く新しいシェイプとフレックスで
設計された「MARSHAL」は、
ライダーの求めるエッジ・ホールドと
浮力の両方を与え、ハイスピードでの安定性を約束する
フラットキャンバーの「CONTACT CAMBER」

その秘密はサイドカットを5つのゾーンに分け、
半径の異なるサイドカットで繋いだ
「FIVEGNAR SIDECUT」というテクノロジー

20170801_4

ノーズ・テールとセンターをタイトな弧にすることで、
ボードがよりアクティブに動き、エッジホールド力と、
反発力を増している
フラット形状でありながら、キャンバーのような反発を
感じる事ができる

どんなライダーでも乗りやすく
乗った初日から良い感触を得られ、
ガンガン攻めれる万能型のモデル

本日ご紹介した2モデルは、
今季から ROME SDS のメインモデルとなるであろう
次世代のオールマウンテン・フリースタイルボード
オススメです

Go

<4月-9月 夏季営業時間>
13:00~19:00

17-18モデル FIX BINDING CO. – WINSLOW, MAGNUM –

こんにちは

昨シーズン日本に上陸し、
今季からWMでも取り扱いを開始する
「FIX BINDING CO.」
(フィックス バインディング)

20170729_1

FIXは、カナダ発のバインディングブランド
低コストでハイクオリティなバインディングは
高い耐久性と優れた機能性を持ち、
シンプルながら独特のカッコよさが漂うブランド

20170729_2

チームライダーには、ThirtyTwoでおなじみの
クリス・ブラッドショーやジョー・セクストン等が
名を連ね、彼らのシグネチャーモデルもリリース
日本でも高橋烈男がライダーを務め、
フリースタイラーを中心に人気が高まっています

今回はメインモデルとなる2つをご紹介。

「WINSLOW」
定価 32,000円(税抜)

20170729_3

FIXのラインナップの中でも1番人気のモデル
アンクルストラップの始点を低く設定することにより、
足首の可動域が広がり、ボーンアウトなどの
スタイルが出しやすくなっています
グラトリやジブでもその効果を絶大
カラーバリエーションも豊富な5カラー

 

「MAGNUM」
定価 35,000円(税抜)

20170729_4

ヒールカップとフットベッドを調整することで
UNIONのように、細かなセンタリング調整が可能なシステムを搭載
ミディアムフレックスで軽量、衝撃吸収にも優れていて、
チームライダーの使用率が最も高いモデル

 

個人的にも注目のブランド「FIX」
ライダー含め、今後の動きにも要注目です

Go

<4月-9月 夏季営業時間>
13:00~19:00

17-18モデル ARBOR – WESTMARK –

こんにちは。
Goです

最新モデル ピックアップ
本日は、ARBORのWESTMARKを紹介します

20170728_0

5年ほど前に日本に上陸して以来、
じわじわと人気を集め、
WMでも人気の高い「ARBOR」は
アメリカでは20年以上の歴史あるブランド

20170728_1

 

トップシートのナチュラルな木目と、
コア材が耐久性に優れた高反発のフルウッドコア構造で、
ウッド本来の自然なフレックスも特徴です

WESTMARK は、米TWS誌のGOOD WOOD AWARDを
繰り返し受賞しているモデル。

自分も昨年はこの板をメインに使用しました
ミディアムフレックスで高反発
高速ランでも安定感は抜群

特徴的なノーズ・テールの形状は、
キッカーや、グランドでのオーリーの際に面でとらえやすく、
より高いオーリーが可能(な気がしました)

また、有効エッジが「GRIP TECH」によって波状になっていて、
アイスバーン等でも、少ない力でしっかりとグリップしてくれます

フリーランとパークを両立するにも
優れた1本で、オススメです

17-18モデルのデザインも良いですね

コチラからも予約可能
「WESTMARK CAMBER」
定価 72,000円(税抜)

20170728_3

Go

17-18モデル GNU × AIRBLASTER パウダーボード – SUPER PROGESSIVE AIR MACHINE –

こんにちは

毎日暑いので。。。
気分だけでも涼しくと、
先日に引き続き、パウダーボードをご紹介
(自分がパウダーを滑りたいだけかも…)

LIBTECHの兄弟ブランドGNUから、
AIRBLASTERコラボのパウダーボードが登場
ファンの方は必見です

20170724_1
「SUPER PROGESSIVE AIR MACHINE」
定価 89,000円(税抜)

形状は、LIBTECHでも人気のC3形状
板全体はキャンバー形状でありつつ、ダブルキャンバーの
要素を加えたこんな形状。

20170724_2

ベタ置きした時に、中心部分が接雪しない為、
ボード全体としてはキャンバー形状
乗り味もキャンバー
きれいなカービング性能と高い反発力がありながらも、
センターにわずかに付いたロッカーが、
テール荷重した時にノーズを引き上げてくれるので、
パウダーで抜群の浮力を高める最新型ハイブリッドキャンバー

午前はパウダーを楽しみ、
午後はカービングを楽しむ
一日中パウダーであれば言う事なしですが、
そんな日はそうそう当たらないので
この手のボードは、こんなスタイルの方にピッタリ

157cmがMen’s、151cmがWomen’sの設定ながら、
全体のシェイプには大きな違いはないため、
小柄な男性であれば、151cmのチョイスもオススメ

昨シーズン、自分も試乗してみましたが、
乗りやすく、カービングも切れる
流行りのリバースターンなんかも
通常のフリースタイルボードよりも
やりやすかったです。

カラーリングも鮮やかで、雪の中で映える
BENT METALのバインとの相性もバッチリ

20170724_3

Go

LIBTECH 17-18モデル – LYNN X LOST COLLAB –

こんにちは

本日はLIBTECHの17-18モデル
「LYNN X LOST COLLAB」をご紹介

JAMIE LYNNがアートを手掛け、
LIBTECHとLOST(サーフブランド)の
コラボによる最強のショートファットボードが登場

20170722_1
定価 89,000円(税抜)

ショートファットボードとは・・・

近年、パウダーボードは注目を集めていて、
今では様々な形状がリリース
その中でも短いレングスで
太めのウエストとノーズ幅を持つ形状が
ショートファットボードと呼ばれています

その特徴は、
ツリーラン等での取り回しの良さと、
太いノーズがもたらす最大限の浮力
どんなに深いパウダーでも沈むことなく攻められ、
ゲレンデクルージングから、サイドカントリーまで
1本であらゆるフィールドを楽しめるのが魅力

今回紹介の「LYNN X LOST COLLAB」
長さは146cmのみ。
ウエスト幅が28.6cm、ノーズ幅は33.7cmの極太ボード

キャンバー形状とマグネトラクションによって
高いエッジグリップを発揮し、
きれいなカービングを描くことが出来、
大柄な人が乗っても、パウダーでの浮遊感も文句なし

まさにどんなコンディションでも
楽しめるボードなのです

パウダーボードに興味がある方は、
このような、ショートファットボードも
オススメです

Go

<4月-9月 夏季営業時間>
13:00~19:00

BENTMETAL 17-18モデル – NEWモデル情報 –

こんにちは

昨年、復活を遂げたBENT METALの
17-18モデル情報

20170720_0

LIBTECHやGNUを製造している
アメリカのMervin工場によって昨年から復活

ビッグライダーが続々と集結している事からも
バインディングとしてのパフォーマンスの高さが伺えます

ベントメタルの一番の特徴と言えば、
やはりベースプレート

20170720_1

スノーボードと同じ構造で作られるベースプレートは、
板のフレックスを損なうことなく、
板の反発を最大限に生かすことが可能

さらに、フレックスの異なるベースプレートに交換する事で、
フレックス調整可能なテクノロジー
一つのバインディングで、
簡単にフィーリングを変える事ができる
ユニークな機能です

「TRANSFER」
定価 40,000円(税抜)

20170720_4

メインモデルの「TRANSFER」は、
あらゆるテレインに対応できるよう、
衝撃吸収性の高いプレートを装備し、
全地形・全コンディションでのスノーボードを
快適にサポート。

昨年に引き続き、「JAMIE LYNN」による
デザインに加え、
「FOREST BAILEY」によるデザインアートが加わりました

 

「LOGIC」

20170720_5

定価 35,000円(税抜)

ソフトフレックスの「LOGIC」は
柔軟性が高く、独創的なフリースタイルでの動きを
可能にしつつ、スムーズなレスポンスと反発力を持つ
ジブやパークにも最適なモデル

また、今季よりWomen’sも登場し、
ますます勢いに乗っています。

お気軽にご相談ください

Go

<4月-9月 夏季営業時間>
13:00~19:00

AIRBLASTER 17-18モデル – NEWモデル情報 –

こんにちは

先日のNEWモデル展示会でも
人気の高かった AIRBLASTER

20170713_0

今年は15周年を迎える節目の年
オシャレなデザインはもちろん
性能もバッチリなので、
人気の高さに納得です

人気モデルをPICK UP

「TRENCHOVER」
定価 40,000円(税抜)

20170713_1

ジャケットの中で人気が高いのが
ポンチョタイプの「TRENCHOVER」
毎年、どこのショップも年内には
完売してしまうほどの人気の高さ
今年は、トレンドのホワイト(Bone)も
人気が高そう

 

「WORK JACKET」
定価 29,000円(税抜)

20170713_2

こちらも定番人気のジャケット
リーズナブルな価格ながら
デザイン良し、機能良しの一着
普段のタウンユースでも
全然着れちゃいます

 

「STRETCH KRILL BIB」
定価 46,000円(税抜)

20170713_3

近年、圧倒的な人気のビブパンツ
AIRBLASTERのビブパンツは
動きやすく快適・オシャレ!!
当店の在庫も、既に予約で完売間近
メーカー在庫も少ないので、
探している方はお早めに

 

「CLASSIC NINJA SUIT」
定価 19,800円(税抜)

20170713_4

AIRBLASTERを語る際に、忘れてはならないのが、
この「NINJA SUIT」
インナーとしての機能も抜群で、
暖かく、汗を吸い取り、蒸れにくい
ストレッチの効いた素材は
動きやすく快適そのもの
1度着ると、脱ぎたくなくなるほど快適

フード有りと、無しから選べます。
柄物も一見派手かな?と思いますが、
実際に着てみると、
意外と柄の方が気に入るかも

20170713_5

他にもアパレルやゴーグル等、
ご相談はお気軽に

Go

<4月-9月 夏季営業時間>
13:00~19:00